ビジネスフォン(ビジネスホン)の選び方・注意すべきポイント

はじめてビジネスホンを導入される方は要チェック

 > 

スピード見積もり依頼

0120-995-968

受付時間 9:00~19:00(土日祝日はメールのみ受付)

初めてのビジネスフォン(ビジネスホン)選び

技術の進歩がはげしく、たくさんの通信機器が存在する中で一番適したサービスは選びにくくなる一方です。
ビジネスフォン(ビジネスホン)に対して、こんなイメージをお持ちではないでしょうか。
スターティアでは永く安心して使用できるビジネスフォン(ビジネスホン)の選び方を教えます。

どこの会社から買っても同じ。だったら安ければ安いほどいい。
ビジネスフォン(ビジネスホン)の品質や施工は、どこも同じ。
普通の電話機のようにコードを繋げれば使えるのだろう。

「ビジネスフォン(ビジネスホン)のことは、よく分からないけど、とにかく一番、安い会社から買えば大丈夫だろう!!」

本当に、そうなのでしょうか?
しかし実際には、レイアウト変更や移転時に追加の工事費が発生することを知らず驚くお客様や、ビジネスフォン(ビジネスホン)の台数を増設できず、新たにすべてを導入することになってしまうなど、長期的に見ると思うほど安くなかったという思いを持つお客様はたくさんいらっしゃいます。
その為、このページでは初めてビジネスフォン(ビジネスホン)を検討されるお客様が、導入後も困らない様、注意すべきポイント・選び方をいくつかお伝えいたします。
仮に弊社ではなく他社でビジネスフォン(ビジネスホン)をご導入頂いたとしても、こうした情報(選び方など)をご提供することで、お客様がトラブルなく安心してビジネスフォン(ビジネスホン)を導入して頂くことが、長期的に弊社への信頼感を高めて頂けることになると思っています。

  • 01.従業員が増えても増設できない
  • 02.レイアウト変更で工事費用が発生
  • 03.販売会社がなくなる危険性

01.従業員が増えても増設できない

同様のお悩みをもつお客様が多いにも関わらず、あまり知られていないのが、主装置(電話交換機)の容量です。

ビジネスフォン(ビジネスホン)の核とも言える主装置ですが、実はビジネスフォン(ビジネスホン)の端末(電話機)がつなげる数が決まっています。

この主装置なら、ビジネスフォン(ビジネスホン)の端末は●台までと決まっており、それ以上の数をつなぐことはできません。

一番多いパターンとしては、事業の拡大時にビジネスフォン(ビジネスホン)端末が増設できず、大きな主装置を買い替えないといけないということが発生してしまうのです。
安いからといって、主装置の容量の余裕を持たずにビジネスフォン(ビジネスホン)を導入してしまうと、思わぬ出費をしてしまうことがある為、業者から提案を受けた際は、必ず何台までビジネスフォン(ビジネスホン)が接続できる主装置なのかを確認してください。

01.従業員が増えても増設できない

02.レイアウト変更で工事費用が発生

こちらもあまり知られておりませんが、ビジネスフォン(ビジネスホン)は、レイアウト変更で席替えを行い、新しい席にビジネスフォン(ビジネスホン)を設置する場合でも、工事費用が発生いたします。

これは、ビジネスフォン(ビジネスホン)をつなぐ電話のコードごとに内線の番号が振り分けられており、それを変更する為には、主装置の設定変更を行う必要があるからです。
主装置の設定変更は、専門のスキルが必須となる為、電話工事業者しか変更を行うことができません。その為、技術派遣費や設定費用がかかるのです。

ビジネスフォン(ビジネスホン)の提案を受ける際は、初期費用だけを見ず、工事費用がゆくゆく発生することを見据えて、検討を行ってください。

尚、最近では、主装置を社内に設置しないクラウド型のビジネスフォン(ビジネスホン)が増えてきておりますが、こうした電話は、レイアウト変更時もLANケーブルをつなぎ変えるだけで、移設が可能です。
その為、業者に依頼せずとも自社で移設が行える様になります。

弊社でも提供を行っておりますので、是非、こうしたクラウド型のビジネスフォン(ビジネスホン)もご検討ください。
(余談ですが、弊社のサービスは、移転時も今の電話番号が利用可能です。)

02.レイアウト変更で工事費用が発生

LANケーブルをつなぎ変えるだけで、移設が可能なサービスはこちら↓

  • レンタルプラン
  • リースプラン

03.販売会社がなくなる危険性

ビジネスフォン(ビジネスホン)の販売を行う業者はたくさんありますが、選び方として見過ごされがちなのが、販売会社が倒産した場合です。
ここで問題となってくるのは、それによりビジネスフォン(ビジネスホン)の保守がなくなる危険性です。

仮に電話の調子が悪くなり、保守のみを請け負ってくれる会社を探したとします。
しかし、ビジネスフォン(ビジネスホン)業界では一般的に他の業者が設置したビジネスフォン(ビジネスホン)の保守を引き受けるということはあまりありません。それは、導入費用の中に保守費用が含まれていることや他社が設定した主装置は、特殊な設定をしている場合もあり、正しく保守が行えないからです。
その為、他の販売会社に保守をお願いしても、ほとんどが今のビジネスフォン(ビジネスホン)を切り替えて新しいものに変えてくださいという提案を受けることになります。

その為、ビジネスフォン(ビジネスホン)の選び方(導入する際)は、販売会社の規模や設立年数を確認し、経営が安定しているかを判断してからの導入をお勧めいたします。

02.レイアウト変更で工事費用が発生