ビジネスフォン(ビジネスホン)とは/よくあるご質問

ビジネスフォンとは

 > 

スピード見積もり依頼

0120-995-968

受付時間 9:00~19:00(土日祝日はメールのみ受付)

ビジネスフォンよくあるご質問

スピード見積もりはこちらから

ビジネスフォン(ビジネスホン)とは??
ビジネスフォン(ビジネスホン)とはその名の通り会社用の電話機のことです。
何ができるかというと、一つの電話番号にかかってきた複数の人と同時通話できたり、取った電話を内線として他の電話機に回したりができます。
ある程度の規模になると、会社の代表番号に2人以上が同時にかけてくるようになって、家庭用の電話機では対応しきれなくなるようになってきます。
ボタンがたくさんついていて難しいイメージがありますが、基本はオフィスで必要な機能を持った電話機なので機能や使い方に疑問がある場合はお気軽にお問い合わせください!
中古と新品の違いは何でしょうか?
電話機の持つ基本的な機能はあまり変わりません。ただしビジネスフォン(ビジネスホン)自体に収容出来る容量は、メーカー・機種によりそれぞれ異なります。
基本的に新しいもの程、主装置ひとつでまかなえる機能が多くなります。最近ではIP電話直収タイプやひかり・電話直収タイプやルーター内蔵のものがあります。
中古を選ぶお客様はどうしても現金で安く買い取って利用したいというニーズのお客様が多いですが、中古品の場合は、流動的な現品限りのものや、パック販売がほとんどですので増設等は考慮されていません。また、基本的には故障してしまったら買い替えになってしまいます。
新品を導入されるケースは、増設等の将来の拡張性が良いです。また月々払いのリースをご利用して頂ける等、中小企業が長く使われるには安心やメリットが多いです。購入時の保障もあります。また最新のIP電話やひかり電話を利用することが可能です。中古品は基本的に対応ではありません。
ビジネスフォン(ビジネスホン)と家庭用の電話機はどう違うんですか?
ビジネスホンを導入することで驚く程業務効率は変わってきます。スモールオフィスだから不要?いえ、むしろスモールオフィスの方がビジネスフォン(ビジネスホン)のメリットを感じて頂く機能がたくさんあります。まずはビジネスフォン(ビジネスホン)の基礎的機能を・・・。
ビジネスフォン(ビジネスホン)はリースを利用すべき?買取にするべき?
その会社の状況によってそれぞれです。参考までに、9割以上の会社はリースを利用しています。リースについての理解を深め、判断するのがベストです。
最近の傾向としては、レンタルでの利用も増えています。
NTTなどの電話回線・マイラインの手続きが手間です。いい方法はありませんか?
ビジネスフォン(ビジネスホン)の工事だけでなく、電話回線の手配も当社にお任せ下さい。
また専任のコンサルタントが御社に各種回線の中からご提案致しますので、利用用途・料金面から御社にぴったりなものをご提案します。
移転先の物件がまだ決まっていません。
当社はオフィス仲介からサポートさせて頂きます。
ご希望の条件をヒアリングさせて頂き、そちらを元にご紹介いたします。
ビジネスフォン(ビジネスホン)等の事前の費用概算のご相談も致しております。
また、移転先でも今の電話番号をそのまま利用できるサービスもございますので詳細はお問い合わせください。
移転が間近に迫っています。設置工事はどれくらい時間がかかりますか?
電話機自体は最短3日で設置工事が可能です。
電話回線は何日くらいで利用可能ですか?
NTT※一般回線は約5営業日から可能です。
ただし書類等が揃った段階での最短日数です。
移転が差し迫ってお急ぎのお客様、個別にご相談下さい。
※ 東日本に関して。西日本は個別にご相談下さい。
インターネット回線は何日くらいで利用可能ですか?
NTT※のADSL回線は約5営業日から可能です。
NTT※のBフレッツ回線は約14営業日から可能です。
ただし書類等が揃った段階での最短日数です。またBフレッツは利用環境により1ヶ月から2ヶ月の期間を要する場合がありますので、お早めにご相談・お申込み下さい。
またインターネットには、インターネット回線とは別にプロバイダーのご契約が必要となりますのでご注意下さい。
※NTT東日本に関して。西日本は個別にご相談下さい。
はじめてのビジフォンプランならインターネットも併せてお任せ頂けます。
電話機設置後もサポートはしてもらえますか?
当社はビジネスフォン(ビジネスホン)のサポート専任のスタッフがおります。故障の場合はもちろん、操作方法のサポートも行っています。
またフリーダイヤルも完備しております。そのため、営業担当に連絡がすぐに繋がらないような緊急時も安心です。
ビジネスフォン(ビジネスホン)を選ぶのにポイントはありますか?
はい。まずは御社に合ったスペック、容量のものを選ぶことです。
現状にぴったりなものを選ぶのではなく、将来の増設等を考えて選ぶことです。
機能は各メーカー大きな違いはありませんが、停電用の電話機や簡易防犯システムが付いた電話機等、特徴のある電話機もあります。
最近はデザイン性が重視された電話機を選ばれるお客様が増えています。
工事はどれくらい時間がかかるものなのですか?
電話機の台数、規模によって大きく変わってきますが、電話機5台程度のワンフロアのオフィスでしたら半日(3~4時間程)、電話機10台から15台程度の規模でワンフロアでしたら、8時間程を目安にして頂ければ良いかと思います。
ただしLAN配線の工事量が多かったり、工場への特殊配線があれば変わってきます。
そういった工事でも基本的には電話設置工事のみであれば2日以上かかることはありません。
ビジネスフォン(ビジネスホン)は何故高いの?
確かに家庭用の電話機と比べてしまうと高いです。
ただし家庭用の電話機とビジネスフォン(ビジネスホン)は機能が全く異なっています。
家庭用の電話機は主にアナログ1回線専用です。
ビジネスフォン(ビジネスホン)は例えば10名の社員が同時に通話をすることが出来たり、外線電話や、内線を他の電話機に回すことが可能です。むしろ回線を全社員で共有して利用することが出来るので、利用コストは経済的、かつ機能を考えればおのずと会社ではビジネスフォン(ビジネスホン)を導入することとなるのです。
うちは従業員3名ほどのオフィスだから平気、と思ってらっしゃる方もいるかと思いますが、スモールオフィスこそ、例えばアナログ1回線しかなくては通話中でビジネスチャンスを逃がしてしまう可能性もあります。
工事は誰でも出来ないの?なんで工事費はこんなにかかるの?
出来ません。理由は、ビジネスフォン(ビジネスホン)は機器の設定に専門技術を必要とするためです。
また当社は自社工事です。
電話機それぞれを部署毎に鳴り分けを行ったり、配線にしても手間がかかります。
また設置の際もそうですが、故障や障害の際は専門的な知識必要になります。
電話は会社の生命線ですのでそういった点も踏まえて技術者にお任せするのが一番かと思います。
ビジネスフォン(ビジネスホン)の主な機能はなんですか?
①代表組。会社の代表電話を複数回線で利用出来る仕組み。
②内線通話。
③外線の保留・転送。
④内線を一斉に呼出し、スピーカー代わりにすることが出来る。
等が主要な機能です。
ちなみに、はじめてのビジネスフォンプランなら 私用携帯から代表番号で発信、スマホであれば 内線として利用する等の機能もございます。
IP電話とは何ですか?
電話回線ではなく、インターネットを利用した電話です。全国一律の料金体系(一般的に3分8円(税別))。
IP電話にも種類があり、無料通話が出来るタイプや、従来の電話番号を利用出来、通話品質は高いが無料通話はないもの、特定距離のみ安く利用出来るタイプ等様々です。
御社の利用環境に合わせたタイプを選びましょう。
ビジネスフォン(ビジネスホン)を増やしたいのですが、増設出来ますでしょうか?
ご利用中のビジネスフォン(ビジネスホン)の型番をご確認下さい。
機器によって増設出来る上限が異なります。
現状の接続台数と照らし合わせて確認致します。ご相談下さい
遠方なのですが、購入出来ますか?
全国対応です。ただし一部離島など、環境によってご相談頂く形になります。
ビジネスフォン(ビジネスホン)の寿命はどれくらいですか?
ビジネスフォン(ビジネスホン)の法定耐用年数は6年になります。
大事に取り扱って頂くことで10年以上利用されている例もあります。
最近では技術革新も著しいので、IP電話等最新のシステムに切り替えることも多く、それに伴い、3~5年で切り替えられるケースも多いです。
主装置とビジネスフォン(ビジネスホン)はどこのメーカーの電話でも接続出来るの?
使用出来ません。
ビジネスフォン(ビジネスホン)は各主装置と電話機が一対のシステムになっています。
工事体制はどのようになっていますか?
当社は自社工事で行っております。
また全国に約200の工事業者ネットワークを持っていますので、全国で安心して工事をして頂けます。
サポート・障害専門のフリーダイヤルも完備しておりますので、フォロー体制も整っております。
留守番電話を利用したいのですが、どうすればいいですか?
方法は2通りあります。
留守番電話機能が標準装備で付いていない場合、
1、留守番機能用のユニットを主装置に取り付け、設定を行う。
2、外付けの留守番電話機を取り付ける。
1、2の違いは、1は備え付けのビジネスフォン(ビジネスホン)からの操作が可能ですが、2は留守番電話機のボタンを押します。留守番電話の機能的にはそれほどの差はありませんが、後々になって導入をする場合は2は導入費用が安価なものからあるため導入し易いです。前者の方法はビジネスフォン(ビジネスホン)導入時に行うことをオススメします